前田特許商標事務所
前田特許商標事務所
東大阪で特許や商標の申請をお考えの方、東大阪を知悉した当センターにご相談下さい。
前田特許商標事務所
ホーム 取扱業務 弁理士紹介 料金表 アクセス 無料相談 質問と回答 問合せ
前田特許商標事務所
ホーム > 質問と回答

TOP

Q1.中小企業の知財運営の方法についてアドバイスして欲しい。

Q2.中小企業では低コストで知財力を向上させることが重要ですがどうすればいいでしょうか。

Q3.他人の特許を侵害する可能性を考えると新商品を売りにくいがどうすればよいか。

Q4.特許制度を根本的に理解しておらず、出願する意義が分からない。

Q5.社内の知財担当者が退職して自分が新たな知財担当者になったが、何をすればいいか。

Q6.特許事務所に相談するとき、どのような資料が必要か?

Q7.特許事務所に相談するとアイデアが漏れるのではないかと心配です。

Q8.新商品を開発中ですが、特許出願はどんなタイミングで行うのがよいですか。

Q9.お客は大企業が多いと思いますが、中小企業(個人)でも対応してもらえますか?

Q10.米国等の外国で事業を行う場合、各国毎に権利が必要か。

Q11.大まかに費用はいくら必要となりますか?

Q12.遠方のため、事務所まで行くのは困難です。依頼することは可能ですか?

Q13.特許と実用新案の違いがよくわからないのですが?

Q14.近くに司法書士事務所や行政書士事務所があるので、そこに依頼しようと考えているのですが?

Q15.外国への出願手続は行っていますか?

Q16.他の特許事務所にお願いして過去に出願したものを引き継いでもらえますか??

Q17.相談したいのですが事業所へ来てもらうことは可能ですか?

Q18.割高でもいいので、登録になった場合にのみ費用を支払う「完全成功報酬型」で依頼できませんか?

Q19.特許事務所(弁理士)に依頼すれば必ず登録になりますか?

Q20.特許出願してから権利が発生するまでどの程度の期間が必要ですか?

Q21.訴訟にも対応可能ですか?

Q22.特許出願だけでなく実用新案、意匠登録、商標登録も含めて全体的にアドバイスして頂けますか?














Q1.中小企業の知財運営の方法についてアドバイスして欲しい。

兼任でも知財担当者は決めるべき。社内での出願等の管理方法を特定し情報管理を明確にする。
TOPへ

Q2.中小企業では低コストで知財力を向上させることが重要ですがどうすればいいでしょうか。

出願費用と知財力とは比例します。費用の安い特許事務所の仕事はどうしても穴があります。
その出願の目的は明確にし、公知化だけが目的のような場合は、費用の安い事務所を選んで、
低コスト化を図ればよいでしょう。
TOPへ

Q3.他人の特許を侵害する可能性を考えると新商品を売りにくいがどうすればよいか。

他人の特許を調査して自社商品の侵害なからしめる対策を打つパテントクリアランスを実施すべき。
簡単な調査は弊所で実施できるので、その結果を見て調査会社に調査を依頼し、調査結果から侵害有無を判断する。
侵害の可能性がある場合は、設計変更や実施権取得の対応が必要になる
TOPへ

Q4.特許制度を根本的に理解しておらず、出願する意義が分からない。

もし他人の権利を侵害していると権利行使を受けて製造停止などの打撃を受けることになり防御手段として他人より先に権利取得すべき場合がある。
逆に自分が権利を保有しておれば、他人の実施を阻止でき、市場で有利な立場に立てる。
TOPへ

Q5.社内の知財担当者が退職して自分が新たな知財担当者になったが、何をすればいいか。

まずは、自社権利や出願の現状把握すべき。出願中の案件、権利化した案件をまとめる。
出願中の案件については、審査請求するかどうかの判断。拒絶理由の解消対応中の案件については、発明者との意思疎通。
さらに他社商品との関連を調査し、請求項補正などを検討する。
権利化済案件については、他社商品との権利関係を明確にし、他社への攻撃能力の把握を行うべき。また出願可能権利範囲を探索し出願する。
TOPへ

Q6.特許事務所に相談するとき、どのような資料が必要か?

弁理士との打ち合わせに慣れていない場合、弁理士の質問の意図はわかりにくいと思います。
そのため、弁理士に見せる資料をどのように用意するのか難しいと思うのは当然です。
発明者が発明のポイントと思われることを図などを用いて説明すればいいと思います。
分からないことは弁理士が質問します。

TOPへ

Q7.特許事務所に相談するとアイデアが漏れるのではないかと心配です。

弁理士には法律により守秘義務が課せられていますので、ご心配は無用です。
もし、漏洩すれば、弁理士は法律で罰せられたり社会的に罰せられますので、多大な代償を支払うことになります。

TOPへ

Q8.新商品を開発中ですが、特許出願はどんなタイミングで行うのがよいですか。

特許出願は公知になる前に行う必要があります。少なくとも商品化前に出願する必要があります。
しかし、先願主義のもとでは、より早いほうことが求められます。
ただ御社としては開発の成否が分からない状態で出願費用をかけたくないこともあるでしょうから、
開発の状況との相談と思われます。
TOPへ

Q9.お客は大企業が多いと思いますが、中小企業(個人)でも対応してもらえますか?

もちろん大歓迎です。
弊所は中小企業や個人事業者のお客様を大事にさせて頂いております。
一般的に資金力に乏しい中小企業や個人の場合には、それに見合ったやり方があります。
中小企業や個人を対象にした各種費用の減免制度もありますのでご相談ください。
TOPへ

Q10.米国等の外国で事業を行う場合、各国毎に権利が必要か。

権利は国ごとに発生させる必要がありますので、各国で権利化したい場合には、各国ごとに権利が必要です。
しかし権利化の目的と効果を考慮して権利化するか判断する必要があります。
仮に侵害者が現れた時に実際に権利行使するのか。権利行使するにはその国に相当の体制を構築する必要があります。
その構築のための費用、権利行使に要する工数等考えて侵害される利益との比較考量で判断する必要があります。
TOPへ

Q11.大まかに費用はいくら必要となりますか?

出願する時点の費用(印紙代含)としては、
  特許     約35万円
  実用新案  約33万円
  意匠     約11万円
  商標     約6万円となります。
   ※平均値です。内容により増減します。

 権利発生までの総額(出願時費用、審査請求費用及び最小限の年金含、拒絶理由が通知されなかった場合を想定)の概算は、
  特許     約65万円
  実用新案  約33万円
  意匠     約20万円
  商標     約11万円となります。
   ※平均値です。内容により増減します。
TOPへ

Q12.遠方のため、事務所まで行くのは困難です。依頼することは可能ですか?

商標、意匠の場合は全く問題ありません。
メールや電話、FAXのみのやりとりでも十分手続することが可能です。
ただ、特許、実用新案の場合は、少なくとも一度は直接お会いして詳しくお話しを伺うのが望ましいと考えております(発明の正確な把握のため)。
来所頂くのが困難な場合は当方が出向くことも可能ですのでご相談下さい(地域により有料)。
TOPへ

Q13.特許と実用新案の違いがよくわからないのですが?

特許 実用新案
権利期間 20年 10年
保護対象 制約ほぼなし 方法等は不可
審査 実体審査される      審査されない
権利行使 制約なし 特許庁の技術評価が必要
TOPへ

Q14.近くに司法書士事務所や行政書士事務所があるので、そこに依頼しようと考えているのですが?

特許庁に対する手続の代理は、弁理士の専権業務であるため(弁理士法第75条)、
司法書士さんや行政書士さんに依頼することはできません。
TOPへ

Q15.外国への出願手続は行っていますか?

可能です。どうぞご相談ください。
TOPへ

Q16.他の特許事務所にお願いして過去に出願したものを引き継いでもらえますか?

勿論ご要望にお答えいたします。ただし、自分で書いた出願ではありませんので、中身の把握に時間を要しますので、
通常料金よりも割高の料金をご請求させて頂くことになります。どうぞご相談下さい。
TOPへ

Q17.相談したいのですが事業所へ来てもらうことは可能ですか?

可能です。無料出張対応エリアは、大阪市、東大阪市です。
その他の地域は基本的に有料ですが、ご相談にも応じます。
TOPへ

Q18.割高でもいいので、登録になった場合にのみ費用を支払う「完全成功報酬型」で依頼できませんか?

申し訳ありませんが、弊所では現在そういった形態では受任しておりません。
TOPへ

Q19.特許事務所(弁理士)に依頼すれば必ず登録になりますか?

申し訳ありませんが、必ず登録にするというお約束は難しです。
出願前の先行技術調査を行うかどうかがまず第一のポイントです。
調査を行うとして、審査官と同じ範囲の公開特許を調査したとして、どの公開特許が本発明を拒絶できるかどうかは、
その弁理士の力量とその時の審査官の対応とによって変わって参ります。
弊所の弁理士は、特許庁の先行技術調査の講習を50日にわたって受講しておりますので、先行技術調査の正確さは高いです。
それにしても、審査官との対応がキーとなりますので、残念ながら必ず登録できるとは言い切ることはできません。
TOPへ

Q20.特許出願してから権利が発生するまでどの程度の期間が必要ですか?

特許の場合、出願の後にすぐに審査が始まるわけではなく、
審査してもらうと決めた場合に、出願を審査してもらう請求を行います。このあと二年程度で、審査結果が通知されます。
審査の請求を出願後にすぐに行ったとして登録になるには、2年半〜3年を要するとお考えください。
TOPへ

Q21.訴訟にも対応可能ですか?

訴訟につきましては、得意とする適切な弁理士、弁護士をご紹介し、その方と一緒に対応いたします。
TOPへ

Q22.特許出願だけでなく実用新案、意匠登録、商標登録も含めて全体的にアドバイスして頂けますか?


はい、大丈夫です。すべて前田が対応いたします。